南モンゴルクリルタイ Webサイト

南モンゴル虐殺に抗議する!6.3東京デモ行進(午前中の抗議活動の時間が30分早まりました)

南モンゴル虐殺に抗議する!6.3東京デモ行進(午前中の抗議活動の時間が30分早まりました)

 中華人民共和国設立以後、中国政府はモンゴル人に対する弾圧と虐殺、そして環境破壊と漢民族の流入を続けてきました。モンゴル人が伝統的に牧畜民として生活していた緑の草原は、モンゴルの地には合わない強引な田畑の工作で破壊され、モンゴル人はその生活基盤も、文化伝統も奪われてしまったのです。
 そして、文化大革命時代には、モンゴル人に対する民族絶滅政策というべきジェノサイドが実施され、犠牲者の総数は今も明らかにはなっていません。改革開放の時代になっても、中国政府の基本的な政策は変わらず、中国系企業は公害をだれ流す企業を進出させ、大地は汚染、砂漠化が拡大しています。

 モンゴル人は大地を守るために抵抗しています。人々は団結して、暴力的な弾圧を怖れずに抗議行動を続け、自らの土地を守り、環境破壊に抗議し続けています。しかし、ある中国人は、抵抗する牧畜民をトラックでひき殺し、わずかな補償金を出して、モンゴル人の命などこれくらいのものだといった暴言を吐く事件すら起きました。
 このような民族差別、人権と人命を軽んじる姿勢を許してしまっては、いつかその暴力は、隣国である日本国の平和をも脅かすことでしょう。 私達は南モンゴルに対する中国人の流入、環境破壊、草原の砂漠化、そしてモンゴル人への弾圧と暴力に対し抗議するデモ行進を、アジアの民主主義国であり、中国の隣国である日本国にて開催いたします。ぜひ、中国国内で闘い続けるモンゴル人たちへの連帯の意志と、中国政府は虐殺を直ちにやめよという声を、私たちと共に挙げてください。

 今回のデモ行進は下記のとおり行われます。皆様方のご参加、報道関係の方々のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

日時 6月3日 
 
1、中国大使館前での抗議
11時集合 11時半開始(こちらのみ時間が当初より30分早まりました、ご注意ください!)
集合場所 麻布税務署前

2、デモ行進
午後2時半集合 3時出発
集合場所 新宿柏木公園
民族差別的なスローガンやプラカードはお控えください。デモ行進中は、主催者の指示に従ってください。

主催:南モンゴルクリルタイ(世界南モンゴル会議)
連絡先:
090-9965-1258
080-9129-2872

共催:頑張れ日本!全国行動委員会

応援団体 
日本ウイグル連盟
日本中国民主化運動団体協調会
台湾研究フォーラム

応援団体募集中です。