南モンゴルクリルタイ

【5月9日 東京】李克強首相来日に際しての中国大使館前抗議行動

【5月9日 東京】李克強首相来日に際しての中国大使館前抗議行動

 5月9日、日中韓首脳会談のため中華人民共和国の李克強首相が来日します。

 中華人民共和国は設立以後、モンゴル人に対する弾圧と虐殺、そして環境破壊と漢民族の流入を続けてきました。モンゴル人が伝統的に牧畜民として生活していた緑の草原は破壊され、モンゴル人はその生活基盤も、文化伝統も奪われました。
 そして、文化大革命時代には、モンゴル人に対する民族絶滅政策というべきジェノサイドが実施され、犠牲者の総数は今も明らかにはなっていません。

 モンゴル人は大地を守るために抵抗しています。人々は団結して、暴力的な弾圧を怖れずに抗議行動を続け、自らの土地を守り、環境破壊に抗議し続けています。2011年の5月11日。開発業者の中国人が、抵抗する牧畜民のメルゲン氏をトラックでひき殺し、わずかな補償金を出して、モンゴル人の命などこれくらいのものだといった暴言を吐く事件が起きた際には、南モンゴル全土で大規模抗議デモが起きました。

 あれから7年。状況は悪化し続けています。現在も牧畜民からの訴えの声は増え続け、抗議者を拘束、逮捕するという事案が止まりません。また、モンゴル語の教育が軽視されているため、モンゴル語で意思を疎通し、また専門的な交渉を行うことが困難になりつつあります。習近平時代以後、小中学校で行われる共産主義・社会主義のイデオロギー教育がなお強調され、一方でモンゴル文化はさらに軽視されています。

 このような中国政府の民族差別、人権と人命を軽んじる姿勢に対し私たちは抗議します。

 今回の中国大使館抗議は下記のとおり行われます。皆様方のご参加、報道関係の方々のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

日時場所
5月9日(水)
10時半 麻布税務署前 集合
11時から抗議開始
※民族差別的なスローガンやプラカードはお控えください。主催者の指示に従ってください。

主催 南モンゴルクリルタイ(世界南モンゴル会議)
共催 「日本ウイグル連盟」「台湾研究フォーラム」