南モンゴルクリルタイ Webサイト

組織名
南モンゴルクリルタイ(世界南モンゴル会議)

クリルタイ人事
常務委員会(内モンゴル人民党、モンゴル自由連盟党、内モンゴル民主党、南モンゴル自由民主運動基金、南モンゴル青年連盟、青旗協会及び個人代表含め15名)

会長ショブチョード・テムチルト
副会長チメド・ジャルガル
 オ・ウルゲン
 ノムチン・トフシンジャン
幹事長オルホノド・ダイチン
副幹事長ゴブルド・アリチャ

 

クリルタイ活動方針
 中国の独裁政権が現在行っている、南モンゴルにおける政治的、経済的な圧制に抗議し、屈服することなく抗議運動を展開する。さらに、中国の独裁政権を民主化し、南モンゴルにおけるモンゴル民族の民族自決権の確立を目指す。
 中国の共産主義的、かつ大漢民族主義に反対する。自由、民主、人権、法治などの人類の普遍的な価値観を尊重し、あくまで非暴力的な手段を堅持して運動を行う。
 マスメディア、インターネットそのほかにおける情報伝達を積極的に活用し、新しい世代の青年たちを覚醒させ、南モンゴルの民主運動の勢力拡大を図る。各民主主義国家の議会、EU、国連の人権委員などに、南モンゴルの現状を定期的に報告し、世界の良心的な人々に訴え、理解と支持を拡大することに努める。
 クリルタイ第二回大会までに、20世紀後半から現在に至るまでに、中国政府から受けた南モンゴルに対する侵略と人権侵害の歴史をまとめた人権報告書を作成し、書籍として出版、配布する。
 文化大革命時の南モンゴル人虐殺の記録を、ユネスコの世界記憶遺産に申請し登録を実現する。
 同じく、文化大革命の時期における、中国政府の計画的な南モンゴルに対するジェノサイドを、人道に対する罪として国際法廷に起訴する。
 欧米諸国など世界の民主主義国家との友好関係を構築するとともに、日本、台湾を活動の基盤とし、台湾政府、チベット亡命政府、世界ウイグル会議と連帯する。さらに香港の民主化運動、海外の中国民主化運動と友好関係を構築し、一日も早く南モンゴルにおける民族自決権を獲得し、南モンゴル人の自由と平和、幸福の実現に貢献することを目指す。