南モンゴルクリルタイ Webサイト

 ジンギスカンの子孫である我々モンゴル人は、自分たちの祖国を失ってから、何百年もの間他民族の支配下に置かれてきました。しかし、20世紀後半から、ゴビ砂漠以北のモンゴル人たちは、世界のほかの民族と同様、自分たちの国家を持ち、自由と民族、そして自国民の生活向上に向けて前進しています。

 しかし、ゴビ砂漠以南のモンゴル人たちは、いまだに自らの祖国を独立できず、他民族の支配に置かれたままです。そして、第二次世界大戦後、当時の国際情勢や列強諸国の圧力により、この地域は中国共産党政権の抑圧体制に組み込まれてきました。そして現在に至る約70年間にわたり、この地域にモンゴル人に対して、残酷な弾圧と虐殺が繰り広げられています。私たちは、この「南モンゴル」の実情を、国際社会に訴えます。

 南モンゴル人は、集会、結社、自由、政党の組織、言論などあらゆる自由を奪われ、民族固有の領土である草原は環境汚染にさらされています。また文化大革命時、内モンゴル人民党とみなされた人々が大量に虐殺されました。漢民族の大量流入により、南モンゴル人の経済基盤は破壊され、モンゴル人の伝統である遊牧と自然との共生した生活を維持することも困難な状況です。さらに、漢民族への同化政策により、モンゴル人は、言語、文化、歴史などの民族的アイデンティティを奪われ、無数の知識人、僧侶が虐殺され、伝統的な寺院は破壊されてしまいました。

 南モンゴル人たちは、これまで非暴力的な手段である、陳情、言論、抗議運動などを通じて、国内外で中国共産党政権に人権問題や環境破壊の改善を求めてきました。しかし、同政権は、ますます暴力的な弾圧を強め、南モンゴル人の正当な要請に耳を貸そうとしません。

 私たち南モンゴルの自由と人権を求める諸団体は、ここに、国際連帯組織「クリルタイ(世界南モンゴル会議)」の結成を宣言します。私たちは諸団体の意見の相違を乗り越え、中国共産党の南モンゴルに対する弾圧に抗議し、彼らの支配下からの決別と、民族自決権の確立を目指すために共同して行動し、南モンゴルで抑圧と戦っているすべての人々に自由と幸福が訪れ、民族自決が実現するまで、私たちは闘い続けることを誓います。
                     
2016年11月10日
クリルタイ(世界南モンゴル会議)結成大会参加者一同